FC2ブログ
そろそろ、スタートの時間に近づいてきたなぁ・・・てな時にですね、
チーム総監督からAチームのファーストランナーのバイクにカメラをつけるからって説明を受けました。
おお、それは僕やん!そんなオモロイ映像取れるかな~。

ピット前のラックに置いてある自分のフェルトがオンボードカメラバイクになりました!
どんどん抜いていく映像見せてやと言われて緊張~。
いやいや、バックする映像でしょ(笑)
オンボードカメラ

緊張感も高まってきてロードバイクにまたがっているだけで、
心拍数が103なんて数値がでるくらい(笑)
3時間エントリーの人たち

そんな緊張感もスタートラインにいるときには
BチームのKさんがいることでかなり落ち着きました(笑)
ではスタート!!!

当然、集団で進入するのですが、シケイン付近は登りだからあんまり速度が出ない・・・。
いきなり、バック映像ばっかり・・・。
そこから130Rへは全体に下りで、ゴーカートコースを左目で見ながらアウターにギアをセット!
ぐんぐん速度を上げていき、ようやく順位を上げていきました。

そして、スプーンカーブに来たときにフロントをインナーに落として
できるだけ速度を落とさないようにしてスプーン出口付近で
ヘアピンに向かうべくフロントをアウターに上げたら急にトルクがゼロに・・・。

あれ?あ~!やっちゃった!
いきなりチェーンの脱落!

手信号出しつつ左にエスケープして芝生内でチェーンのはめ直し。
Kさんは見えなくなってしまいました・・・・。

スラノ(スラムXシマノ混合コンポ)では起こりうるトラブルとして
個人的にも警戒していたことがいきなり発生してしまいました。
このくらいのチェンジうまいこと動いてよ!
(根本的なギアチェンジの間違いがある気がするけどいまいちわからない・・・笑)

チェーンをセットしなおして後ろを確認して発進!
このときにはもう走ってるバイクもまばら・・・(泣
ヘアピンに向かいます。

ヘアピンには下っていくんですが、右側(内側)へのバンクが強く、
斜行ぎみにコーナリング。
一応、一番内側は速度の高い選手のためにあけてはいますよ。

その後、立体交差をくぐっていくときには下りで速度を上げやすい。
この辺りでカメラに向かって「今は50キロ!」とかって解説しながら走ったなぁ~(笑)
デグナーカーブはあまり印象に残ってないなー。
平坦だったのかな?

そこからダンロップコーナーへは登っていくのですが、
この辺りは速度の落ち方も少ない印象です。

その後、右に向かって逆バンク、S字コーナーと続く下りセクションは
アウターでガッツりふんで走ってみました。

第一コーナーに来る頃にはインナーに落としてホームストレートへ。
ストレートは結構な上り坂スタートラインを超えてシケイン辺りが一番しんどいですね。
こんな感じが鈴鹿サーキット逆コース1周の印象。
こんな感じで一周をすごして残り2周をこなしてピットに帰ってきました。

ピット内で過ごす時間は本当に傍観者。
Jさんはレースの一日を時間空けるために仕事で徹夜連発されてたようで、
レース中にもぶっ倒れてはりました。
この状態でも走れるタフさがすごいです。
チームメイト

さて、全員3周づつとコンスタントに周回を続けます。
ところが、途中ピット閉鎖期間があるので、調整が必要です。
時間計算すると、4周でいけそうなんで4周回りましょう!
もしも、間に合わなかったらどうしようかな~。

2周をこなしたときに計算すると、うまくいけば間に合いそうだと思いました。
そこで、4周することを決断。残り2周全力で走りました。
だめか~!という思いと、まだあきらめるな!って思いが交錯しつつ、
ピットへ向かって足を回します。

ピット閉鎖のカウントダウンが響く中、
コースマーシャルが時間を見計らって旗を振るところを見てしまいました・・・。
その後、10秒ほどしたところでピット入り口に到着・・・あぁ・・・・(泣

ホームストレート前を通った時、Jさんが「大丈夫か!?」って声をかけてくれました。
う~ん、なんとかピットが開くまで周回数を重ねます!

とは思ったものの、体力は無くなってしまっていました。
ところどころうまく休憩しながらタイムを落とさないように走った(つもり)。
この頃になると、立体交差の付近はかなりの向かい風だし実際はかなりタイム落ちてたと思います。

6周目を走行するころになると、ふくらはぎが攣りそうになってましたが、何とか無事にピットイン。
ピットインで停車したときに足をついたら逆に太ももが攣った!
動けないようになってその場でしゃがみこんでしまいました(笑)

続いて自分が出るときには3周の予定でしたが、とても走れる状態でなく2周でピットイン。
次のライダーYさんにはさらに迷惑をかけてしまいました・・・ごめ~んね。

その後も順調に選手交代してラストランナーはU。
彼はAチームのなかではエースでコンスタントにタイムを削っていく・・・。
頼もしいなぁ~。

そうして、無事にゴール!
いや~よかったよかった。
なにより皆さん(AもBもCチームも!)怪我もせずゴールできたことに感謝。

成績は見事クラス二桁!
順位は中段くらいかと思っていたので、本当にうれしいです。
2人で走っているチームや僕らのような4人チームなど
すべてひっくるめた成績なのは、ひみつです(笑)




スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://daysofqchan.blog17.fc2.com/tb.php/509-553bd81d