FC2ブログ
さて、購入後なぁ~んもついていないフレームを見つめてどんなパーツをつけるか?
自分の部屋のラックにフレームを掛けて、毎晩考えてました。

サイクリングにはVigoreがあるし、
今回のフレームは街乗りフラットバーロードに仕立てようか、
それともドロップハンドル付けてダブルレバーにしちゃうとか?
カラータイヤつけようかな~とかいろいろ考えました。

そんな中でも一番現実的なのがティアグラで組んでしまうこと。
なにより安いからいいですよね。
しかも10速になったことも大きな理由です。

ところが、いろいろ考えていくうちにスラムを使う案を採用。
ちゃんとドロップハンドルつけてみます。

個人的にはシマノのパーツは安心感でいっぱいでいいんですが、
殆どの人がシマノなわけでもう一つ面白みにかける・・・。
少し人と違うのにしてみようって安易な理由です。

んで、調べてみたらダブルタップレーバー結構いい値段しやがる。
そこでイギリスの通販会社CRCで購入することに。

SRAM RIVALダブルタップレバー&SRAM RIVAL リアディレーラーをポチッとしました。
この2つを同時に購入するには理由があります。
ダブルタップレーバーのワイヤー引き代はシマノやカンパとは違うので
ディレーラーも同じスラムを使わなければいけないからです。
調べたところによるとフロントディレーラーは別のブランドでも動くようです。
このあたりは一気に買うこともないのでゆっくり決めます。

Wiggleならアカウント持っていたので、
こちらで購入できればよかったのですが、こちらは高かったので改めてCRCのアカウントを作って購入。

待つこと10日。
この10日間は発送されてからというもの今頃ヒースロー空港なのか?成田空港なのか?
もう関西に届いているのか?なんてことばっかり考えてました(笑)
イギリスのRoyal Mailは郵便扱いなので、荷物追跡ができないんです。

んで、日本の郵便局のおっちゃんが持ってきてくれた、
スラムはなんと関税がついていました。
Wiggleで購入したホイールは関税がつかなかったのに。
レバーとディレーラーで1,000円です。
2011-10-28 10.42.31_R
2011-10-28 14.11.38_R

関税がつくのは成田の税関の胸先三寸といいますか、
気分といいますか、運が悪かったとしかいいようがないですね。

箱のデザインもかっこいいじゃないですか。
2011-10-28 10.45.25_R

レバー部分もカーボンですね。なんかうれしい。
2011-10-28 10.53.01_R

2011-10-28 10.53.35_R

でも全部スラムってのもなんか面白みがないなぁ~(どっちやねん!!)
コンポのチャンポン状態が面白いかなと思ってましたから(笑)
ということで、まだまだ悩み多い日々を過ごすのでありました。
ん~他の箇所はどうしようかな・・・・。
スポンサーサイト



夏の事になってしまいますが、
キャノンデールのCAAD3購入キャンセル事件が発生しました。
その後、なりを潜めていたのですが、
とうとうフレームの購入に相成りました。

実はすでに完成してテスト走行まで済ませてしまいましたが、
備忘録として(いや、本当は記事が増えるから?)各項目に区切って記事にします。

購入したフレームはフェルトF65(おそらく2009年モデル)です。
ヤフオクで3万3千5百円で購入しました。

このフレームにたどり着くまでにいくつものフレームに入札はしていました。
ところが、なかなか思うような金額で落札ができずに競り負けることを繰り返していました。
あまり熱くなると思惑より高い金額支払うハメになるので、
上限を超えないように気持ちを抑えつつ入札していたから負けを繰り返したんですね。

フレームの購入条件としては
「3万円前半で購入可能なアルミカーボンバックフレーム。」
「できれば聞いたことのあるブランドで。」
といったもので、今回のフェルトについては33,000円が限度かなと思っていました。
一応条件に合致するので、入札します。
入札する際には最後のもう一声、500円を足して自動入札。

次々に入札があり、いよいよ僕と同じ金額まで入札が入りました。
次、入れられたら終わりだな~と、
どきどきして見守っていたら、そのまま終了。
おぉ!落札できちゃった!
競った相手も僕と同じ金額が限界だったんだなぁ~(笑)
もう一声入れられてたらまた負けてたところでした。

さて、無事に僕のもとにやってきたフェルトのフレーム。
なかなかキレイなフレームでした。
2011-10-15 12.17.52_R

ヘッドパーツもインテグラルヘッドだし新しい!(僕にとったら)
2011-10-15 12.20.02_R

マット仕上げのカラーにカーボンのシマシマ模様もまぶしいフロントフォーク。
2011-10-15 12.21.56_R

リアのカーボンバックも期待ですね。
2011-10-15 12.20.44_R

なかなか雰囲気があります。
2011-10-15 12.19.23_R
アルミとカーボンの継ぎ目も綺麗に誤魔化して処理されていますね。

2011-10-15 12.19.03_R
エンドパーツついいます(笑)

ちなみに単体での重量はフレーム&フォークで1.4kg。
ヘッドパーツ&ステムを含めると2.3kgといったところ。

出品元によると完成車での購入でアルテグラのフルセットで8.17キロとのこと。
僕がつけるパーツでこの重量にどこまで肉薄できるのか?
もしかしたら下回れるかも?
そんな期待感でいっぱいのフレーム購入でした。
J-GREEN堺3Hナイターエンデューロの一部始終を動画で撮影しました。
youtubeにアップしてみました。

現場にいることの方がはるかに面白く、
撮影するとかいうのもあんまり意識しなかったのでメロメロの編集です。
5分ほどあるのでお暇な方のみご覧下さい。
それではどうぞ!